初めてのLook KEO クリート交換

初めてのLook KEO クリート交換

メンテナンス

以前、ペダルをSPDからKEOに変更して以来使っていたLook KEOのクリートを先日初めて交換することになりました。


ペダルとシューズをKEOにした時の記事はこちら

Look KEO CLASSIC 3 を買いました
SPDからLook KEOへの移行を決意した僕は、先日Look KEO CLASSIC 3を購入しました。 SPDからLook KEOへ替えた理由 僕が初めてロ…
cycle.tanaka51.tokyo
フィジーク(Fizik) TEMPO R4 OVERCURVEを買いました
前回の投稿「Look KEO CLASSIC 3を買いました」でKEOペダルを購入した僕は、続いてシューズを新調することにしました。 今のシューズはSPD用のも…
cycle.tanaka51.tokyo

新品から交換までにかかった期間

KEOクリートを使い始めたのが今年の7月10日で、今回交換したのが10月30日です。


その期間およそ4か月


。。。



壊れるの早くない??笑



確かにクリートのことを気遣わず、カバーとかを付けずにコンクリートの上を歩いたりはしていました。
ただ、それでもここまで早く交換を迫られることになるとは完全に誤算でした。



僕は外に走りに出るのは平均して週に1回程度です。そのため、交換までの4か月に外で行ったライドは20回程度ということになります。
他にも、週に4回程度のZwiftプレイ時にも同じシューズ、クリートを使用していますが、室内のため損傷はあまりないと思われます。



このペースで交換をすることになると正直お財布にきびしい笑

クリート交換


クリート交換の経済負担を減らす工夫は考えるとして、とりあえずクリートを交換します。



交換前の状態はこちら。


左足のクリートの先端についていたすべり止めのゴムが取れてしまいました。



一気に取れてしまったわけではなく、ゴムが1点の接着部を除いて剥がれ、ピロピロなっていたので引きちぎりました。
剥がれた段階でピロピロなっていたゴムが邪魔してクリートがはまらなくなり、ゴムを引きちぎったらクリートがはまるようになりました。



クリートがはまるけど外せないとかいう状況にならなくて本当に良かった。



このゴムが外れた状態でも使えるかなと思い、外れたその日も70 km程度走ったのですが、僕としては安全に使用できそうになかったので交換することにしました。

というのも、停車時や発進時につく左足の滑り止めが外れてしまったため、停車・発進のたびに滑りそうになって怖かったからです。



話を戻してクリートを交換していきます。



交換先のクリートはこちら。



新しく買ったものではなく、Zwift用バイクのペダルを買ったときについていたクリートです。
今回は左足のみの交換なので1つだけ使います。



クリートは左右とかないので、次回また左足がダメになったらもう1つを使う作戦。



交換自体はネジを緩めて外し、同じようにつけるだけです。
注意点としては外す前に位置を確認しておくことです。



交換しました。



片方だけ新品だとバランス悪いかなと思ったのですが、走ってみると気になりませんでした。
あと予想していなかった効果として、クリートが新しくなると着脱もスムーズになりました。
知らないうちにじわじわスムーズさが劣化していたのか。

まとめ

今回は予想以上に早く訪れたクリート交換をやってみました。


交換自体はすぐできますが、これから幾度となく交換することになると思うと気が重いです。
クリートの劣化を抑える方法をググらねば。


あと新しく気づいた点としては

  • クリートは新品を1セット家に在庫しておいた方が良い
  • クリートが劣化していないか日常的に確認した方が良い(ライド中にクリートがはまらなくなると焦る&危険なので)

がありました。ほとんどのサイクリストの方にとっては当然のことかも知れませんが参考になれば幸いです。



ではでは(@^^)/~~~