Wahoo KICKRのスプロケット交換【11s → 9s】

Wahoo KICKRのスプロケット交換【11s → 9s】

2020/07/21
Zwift

前回の記事でZwift専用バイクが納車されました。

Zwift専用バイクが納車されました【cannondale CAAD Optimo Sora】
先日7/18にZwift専用バイクとしてcannondale CAAD Optimo Soraが納車されました! 初めてのロードバイク購入時にコルナゴと同じくら…
cycle.tanaka51.tokyo

このバイクは名前にもある通りコンポーネントがシマノ Soraなので、KICKRに初めからついている11スピードのカセットスプロケットが使用できません

ということでKICKRのスプロケットを11sから9sへ変更したのでその時の記録を書き留めます。



交換のやり方はWahooの公式から出ているHow To動画を参考にしました。↓

手順はとてもシンプルで

  1. スプロケットを外す
  2. 8s~11s用のスペーサーをセットする
  3. 新しいスプロケットを取り付ける

という流れです。


工具はこちらを使いました。

  • スプロケットリムーバー(TL-SR23)
  • ロックリングツール(TL-LR15)

スプロケットリムーバー
→スプロケットを外すときに、スプロケットが回らないように固定しておくやつ

ロックリングツール
→スプロケットが外れないように固定しているロックリングを外すための器具


それでは交換していきます。

まずスプロケットリムーバーを大きめのスプロケットに噛ませて、ロックリングツールをクイックリリースを通していたところにはめます。


そしてスプロケットリムーバーを手で固定した状態で、ロックリングツールをモンキーレンチでつかんで緩めていきます。


ロックリングは正ネジです。

とれました。

KICKR側はこんな感じ。

8s~10s用のスペーサーをこのタイミングで置きます。


このスペーサーはフリーボディに対して割とゆるゆるですがこれで大丈夫です。

新しいスプロケットとロックリングをセットします。


スプロケットはフリーボディの溝にはまるようにはめていけばおけです。

ロックリングツールとモンキーレンチでロックリングを締めていきます。


この時はスプロケットリムーバーは不要です。

締め終わったら自転車をセットして完成!!

オレンジが映える~~↑↑


2回ほどZwiftをプレイしましたがアウターのハイ側でややチェーンがスプロケットに擦っているような音がします。

これはスプロケット交換のミスというよりは調整の問題と思われます。
近いうちにリアディレイラー調整の旅に出ることになるのか…



なにはともあれ無事Zwiftがプレイできるようになったので今回はこれまでとします。

ではでは(@^^)/~~~