Look KEO CLASSIC 3 を買いました

Look KEO CLASSIC 3 を買いました

機材

SPDからLook KEOへの移行を決意した僕は、先日Look KEO CLASSIC 3を購入しました。

SPDからLook KEOへ替えた理由

僕が初めてロードバイクを購入した1年前、ペダルはフラットペダルをつけていました。

クロスバイク含めスポーツバイクが初めてだったので、靴とペダルがくっつくことに少なくない恐怖心があったからです。

しかし、乗り始めて3か月程度たったころ、ロードバイクにも慣れてきて、もう少し速く走りたいと思うようになりSPDペダルに替えました。

そして今回それからさらに9か月ほどたった今、次のような理由でLook KEOに替えようと思いました

  • ビンディングシューズに慣れ、よりスポーツ寄りにステップアップしたいと思った
  • 実走ライドで歩く機会が少なく、SPDのメリットが少ない
  • 8月ごろにFavero Assiomaが届く予定なのでそれに合わせて普通のペダルもKEOにしたい
  • ペダルがSPDよりカッコイイ

僕の最近のロードバイクとの付き合い方はローラー9割実走1割といった感じです。

しかもその実走というのも「半日荒サイを走る」など走ることだけを目的としたものです。
自転車を降りたときに歩きやすいというSPDの良さを活かせていませんでした。

また、これは割と大きい理由なのですが、8月ごろにペダル型のパワーメーターであるFavero Assiomaが届く予定です。

出典:https://cycling.favero.com/shop/dual-sided-powermeter-assioma-duo

このAssiomaはKEOペダルなので、パワーメーターでないペダルもKEOにしておきたいというのがあります。

ていうかAssioma、6月18日に予約してまだ届かなくてめっちゃうずうずしてるんだが???

注文時に「約60日待ちです」と表示されていたので分かっていたことではあります。気を長くして待ってます。
7月9日現在では画像のように約50日待ちになっているようです。

そして最後に最も大きい理由「KEO(SPD-SL)のほうがなんかカッコいい(語彙力」

SPDもカッコいいのですが、KEOやSPD-SLは弾丸みたいなフォルムでスピード感を感じます。

購入前に弾丸の「頭」だと思っていた部位は実は後ろ側だと知って少し驚きました。

Look KEO CLASSIC 3

LookのKEO CLASSIC 3はLookのペダルの中で最も安いペダルです。
お値段6,200 円(Amazon)

出典:https://www.eurosports.co.jp/pedal/keo_pedals.html

本命はAssiomaなので価格を抑えにかかりました笑

ただ僕はKEOペダルのフォルムにすでに満足しているので、このペダルで十分です。
(将来もっと高価なやつが欲しくなるフラグ)

クリートを固定する部分が金属のばねなので安くなるらしいです。
あと、重量も結構重いです。

上位グレードは軽くてブレード(?)がカッコいい…

出典:https://www.eurosports.co.jp/pedal/keo_pedals.html

取り付け

まず開封の儀

箱とペダル。うん。まっくろ。

元ついてたペダルを外してから、KEO CLASSICにグリスをぬりぬり。


前から思ってたんですが、グリス塗るの結構気持ちよくないですか?
グリスの指ざわりが好きです。

そしてアーレンキーで固定して、

完成!!

SPDペダルのほうはペダルレンチでつけ外ししていたのですが、アーレンキーのほうが手軽ですね。

感想&まとめ

ペダルをつけて今日ローラー台で走ってみました。

クリートをはめるときの音がSPDと比べて重厚感があり良かったです。

同時にシューズを変えたのもあるかも知れませんが、ペダルを回すときの軽快感ははっきりわかるくらい向上しました。

このあたりはこれまで使っていたペダルの影響もあると思います。

ペダルリングシステム全体として、Look KEOに替えた効果というのはまだ判断できませんが、今後使用を重ねたのちにまとめてレビューできたらと思います。

それでは今日はこのあたりで。